エントリー 募集要項
WORK

WORK

04
営業

「ASANO」を熱成形機の世界標準に。

牟田知弘 2016年入社・営業部

留学で身につけた
語学力を活かしたい。

私は、アメリカのポートランド州立大学を卒業し、海外への自動車輸送の計画や立ち会いの仕事をしていました。港の船積み現場で作業に立ち会うため、外国籍の船を度々訪問しましたが、国内の作業員との会話がメインで、英語を使う機会はほとんどなく、貿易商社や海外と取引のあるメーカーなどへの転職を考えるようになりました。浅野研究所を選んだ理由は、熱成形機で作られる製品が身近であること、そして、これから海外市場で大きくシェアを伸ばしていく可能性を感じたからです。現在、私は国内と海外の両方のお客様約10~15社くらいを担当しています。営業の仕事は、お客様の要望をヒアリングし、機械の仕様を決め、見積りを作成して提案を行うこと。国内シェア・知名度ともにトップクラスのため、既存のお客様からのリピート注文やHPからの問い合わせが多く、やみくもに新規開拓することはありません。

世界中のお客様に
ASANOの技術力を広めていく。

これまで当社では、世界27ヶ国で800台以上を導入してきました。業界に先駆けて海外展開を進め、中国、韓国から東南アジア、中東、アメリカ等へと拡販をしている段階です。営業一人ひとりがそれぞれの担当国の海外顧客を対応し、多い人で月1回は海外出張をしています。直近では、私はタイとインドに行き、海外ならではの営業の難しさを実感しました。お客様のニーズはもちろん、マシンの規格から樹脂製のシートのサイズも国によって大きく違います。つまり、私たちがそれに合わせなければなりません。各国の販売代理店とも協力することで、当社の技術力や品質を根気強くアピールし、安価な製品をメインにしている海外メーカーとの厳しい競争に負けずに受注したいと考えています。将来的には、世界中のプラスチックの成形業者にASANOの名前を認識してもらえるように会社のブランドを高めていきたいです。

WORK

pagetop